リバイタラッシュとリバイタラッシュアドバンスの違い|リバイタラッシュ色素沈着

MENU

リバイタラッシュとリバイタラッシュアドバンスの違い

「リバイタラッシュ」というとまつ毛を長くするのに効果的なまつ毛美容液、というイメージと同時に目が充血する、失明のおそれがある、といった副作用があるイメージの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

発売された当初のリバイタラッシュは、「ビマトプロスト」という成分を含んで製造されていました。
この成分は、もともと緑内障の症状を抑えるのに使用される成分ですが、発毛を促進するという作用があったのです。この効果が非常に強力なもので、リバイタラッシュは人気を博していました。

しかし、後でこの成分には充血や色素沈着を引き起こし、さらには失明する恐れがあるとされ、副作用というイメージが出てきてしまったのです。

これを受けてリバイタラッシュは改良されることとなりました。
4回の改良を行い、現在の姿が「リバイタラッシュアドバンス」です。

成分からは「ビマトプロスト」は除外され、ソウルバメット果実エキスやオタネニンジン根エキスという天然由来の成分が含まれるようになりました。


改良のポイントは、
  • かゆみなどのアレルギー反応が指摘されていましたが、それが出にくくなったこと
  • まつ毛の長さや量、ハリ、まつ毛美容液としての効果が出やすくなったこと
  • 植物エキスとペプチドの配合によりまつ毛の美しさと強さを作り出す
といった点です。

ただ色素沈着の点は、「リバイタラッシュアドバンス」に改良された今でも感じる人がいて、個人差による現象と言えます。(色素沈着した場合は1週間ほどで元に戻ります。)

しかしこの改良によってリバイタラッシュは確実にまつ毛美容液としてのクオリティをあげました

現在正規店では旧リバイタラッシュの販売は行なわれていません。
もしネット上で旧リバイタラッシュが販売されているのを見かけたら、それは正規店の認めていないものですので
気をつけてください。

>>生まれ変わったリバイタラッシュアドバンスはコチラ<<



リバイタラッシュアドバンスのパッケージはどんなの?


パッケージ


パッケージには、しっかりと「リバイタラッシュアドバンス」と明記されています。
旧リバイタラッシュでは外箱の色は薄い青か黒でしたが、リバイタラッシュアドバンスのパッケージは濃い青色になっています。
間違って旧商品をつかんでしまわないために、正規品のパッケージを頭にいれておきましょう。



リバイタラッシュ色素沈着が怖いのTOPページへ